AX

2006年05月07日

【長編】早く結婚してくれ(13)

早く結婚してくれ
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1131655290/l50
【恋愛サロン】

331 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 11:58:54
2時間コースが終了し、俺たちは軽く飲んでから帰ることにした。

行き着けのバーに案内した。

軽く、のつもりが昔話に花が咲き過ぎた。
お互い酔っているのがすぐわかるほどだった。
でも酒が美味くてやめられない。
今度コイツと飲める日なんて来ないかもしれない。
そう思うと今日という日が惜しくなり、潰れる覚悟でおかわりし続けた。

「そういえば、さ。お前、真子とはあの後どうなったん?」

グラスにしな垂れかかりながら大が言った。

「真子って、バンドの時の真子か?」
「他にいねぇだろ」
「あの後って、なんだよ?どうなったってのは?」
「周平が死んだ後だよ。お前、真子のこと好きだったんだろが」

332 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 11:59:45
ドラムを担当していた周平とキーボードの真子は付き合っていた。
俺は真子のことが好きだったが、仲の良いふたりを見続けるだけだった。
高校卒業後、ふたりは東京の大学に進み、俺は地元に残った。
そこでバンドは終わり、俺の想いも終わった。

20歳の時、周平が亡くなった。車を運転中の事故だった。
大は仕事で戻ってこれなかったが、俺と三浦は周平の葬式に参列した。
同じく参列していた真子は痛々しいほどに悲しみに暮れていた。
葬式の時もその後も、俺は慰めの言葉をかけてあげることが出来なかった。

それから3年ほど経った時、彼女から連絡があった。
大学を卒業した後、東京で就職したとのことだった。
その時の真子は、周平のことを引きずっている様子もなく、俺は安心した。

それ以降、彼女がどうしているかは知らない。


333 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:00:48
今頃になって彼女の話が出るとは。

「気付かれてたのか(笑)」
「俺にはな。こう言っちゃなんだが、チャンスだったんじゃないか?」
「真子に言い寄るチャンス、か?」
「そうだよ」
「あの時はとっくに気持ちなんてなかったよ。
 お前も知ってるだろ?
 あの頃俺んち大変だったから、そんな余裕もなかったしな」
「そうか?家のせいにしてただけじゃないか?」
「お前、あの時いなかっただろが(笑)見てたようなこと言うな」
「まぁな。なんとなくそんな気がしただけだがな」
「甘酸っぱい思い出ってやつだ(笑)」

もう一杯だけ飲んで帰ることにした。


334 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:01:31
「で、今は付き合ってる女とかいないのか?」
「いないねぇ」
「好きなやつは?」
「いないなぁ」
「つまんなくねぇか?好きな女すらいないなんて」
「別に」
「ふーん」

お互いリミットだと判断し、グラスを空けることなく店を出た。

「そういうお前はどうなんだよ?金髪のステディでもいるのか?(笑)」
「俺のことより、お前のほうが心配だよ」

大きな身体を俺に覆い被せながら、つぶやくように大が言った。


335 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:02:28
翌日の二日酔いはひどかった。

ベッドでウンウン唸っていたら、
大がゼリーとミネラルウォーターをコンビニから買ってきてくれた。

「俺、観光に行ってくるわ。今日、夜勤だろ?合鍵くれ」
「おばあちゃんの位牌に、ご飯出したか?」
「なんだ、それ?」
「茶碗にご飯を盛って、箸差して位牌の前に出すんだよ。知らんのか?」
「知らね。イギリスにそんなん無かったもん」
「日本にゃあるんだよ」
「お前、ジジくさいこと知ってんな」

いそいそとご飯を位牌の前に置き、大は元気に出て行った。

ベッドでひとりで寝ていたら、無性に寂しくなった。

(気色わりぃ)

苦笑して、また眠りに落ちた。


336 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:03:19
大の水が効いたのか、寝覚めは良かった。

大はまだ帰っていなかった。

家を出る時、「いってきまーす」と俺は部屋に声をかけた。

翌朝、家に帰ると大が俺のベッドで寝ていた。酒臭い。

(こんにゃろ)

と思ったが、俺もベッドの横で毛布にくるまった。

夜、目覚めるといい匂いがした。また味噌汁だ。

「起きたか。メシ食え」
「うれしいけど、なんだか気色悪いな(笑)」
「俺だって(笑)」

差し向かいでの夕飯。可笑しくなる。


337 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:04:23
ふと大が聞いてきた。至極、真面目な顔だった。

「お前、仕事楽しいか?」
「? 別に…楽しくはないわな。女も出来んし」
「こんな不規則な生活じゃあな」
「おお!?お前に言われるとはな(笑)
 ミュージシャンなんて、不規則の代名詞だろうが」
「お前、マスコミに毒され過ぎ(笑)意外と真面目なもんだぜ?」
「そうかね」
「そうさ」

(?)

なんだ。何が言いたかったんだ?

「大塚」

答えはすぐにわかった。

「お前、俺と一緒にアメリカ行かねぇか?」

爪楊枝を口に加えながら大が言った。


338 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:05:18
「おほ。なんだ?
 仕事の息抜きにアメリカ旅行でも連れてってくれるってのか?(笑)」

「違う。アッチで一緒にまたやろうって意味だよ」

コイツ、何言ってんだろ?

大が冗談を言ってるわけではないことは、その顔を見ればわかったが、
その真意が計りかねた。

「お前と一緒にバンド組むのか?」
「そう」
「俺にボーカルやれってか?」
「うん」
「アメリカで?」
「で」
「俺の歌、そんなに良かったかぁ?あんなカラオケごときで」
「いや、全然ダメだ。歌唱法も何も、基礎から全然なってない」
「なんだそりゃ」
「でもな、いいモン持ってると思ったんだよ」
「そんなのわかんのか?」
「わかる」

これは俺も真面目に話さなければいけないと思った。


339 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:06:12
「あのな、大塚。俺、ここ数年悩んでたんだよ。
 雇われバンドじゃなくて、自分のバンドを持ちたいってな。
 確かにお前も知ってるとおり、
 雇われバンドとして俺はある程度成功したのかもしれない。
 仕事の依頼も多いしな。
 でもこのままじゃ、どこまで行ってもそれ止まりな気がするんだよ。
 所詮は雇われだ。
 CDのジャケットに俺の名前がドーンと載るわけじゃない。
 バンドの名前も俺が考えた物じゃない。
 全部、他人が創り出したモンなんだよ。
 それに俺は乗っかってるだけ。
 そんなこと考えてたら、
 こないだ話したプロモーターから今回の話を持ちかけられたんだ。
 心機一転、やってみろってな。
 今からアメリカに乗り込むんだから、
 当然、下積みからまた始めなきゃいけない。
 それは長い時間になるかもしれない。でもチャンスだと思ったね」


340 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:08:06
「それはすごくいいことだと思うけど、
 その相棒が俺である必要はないだろ?」

「確かにな。
 お前より歌えるやつを俺はいっぱい見てきたよ。
 実のところ、
 カラオケに行くまではお前を誘う気なんてこれっぽっちもなかった。
 でもな。
 あの時、俺、思い出したんだよ。
 俺はお前の声が好きだったな、ってな。
 高校の時にお前をバンドに誘ったのもそれが理由だったんだよ。
 単にお前が友達だったからじゃないんだ」

「キーが高すぎるって、いつも文句言ってたじゃん」

「ガキだった俺に、お前の声好きだ、なんて言えると思うか?」

「………」

「どうせ再出発するんだったら、俺の好きなモノを集めたいと思ったんだ。
 俺の好きな声や好きな音を持ってるやつ。
 もうギタリストは見つけてあるし、
 そいつも俺と一緒にアメリカに行くことが決まってる」

「俺に会って、懐かしさが蘇っただけじゃないのか?」

「俺、プロだぜ?そんなことぐらいで、お前に人生賭けねぇよ」

「でもプロの世界って厳しいんだろ?そんな我侭が通じるのか?」

「甘い考えだとは思うよ。
 でも我侭ってのはちょっと違うと思う。
 俺にとって音楽は仕事でもあるけれど、でも俺の音は俺のものだからな」

言ってることは夢見がちな十代の台詞に思えたが、大の顔は大人の顔
だった。


341 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:09:26
「以上!お前の考えを聞かせてくれ」

大の真っ直ぐな視線が俺を射抜いている。
言葉を整理しながら、俺はゆっくりと話した。

「まず…結論から言うわ。ごめん、俺はアメリカには行けない」

やっぱり、という顔を大はしたが、黙って俺の話の続きを聞いてくれた。

「正直、お前の話は魅力だよ。
 俺、一瞬、アメリカに立ってる俺の姿を想像しちまった。
 ものすごくワクワクした。
 俺の声を好きだとも言ってくれた。うれしいよ。
 それに、打算的な考えになるけど、
 ちゃんとお前にはお前を認めてくれるスポンサーもいることだしな。
 例えアングラなフィールドから始まるにしても、
 お前が力強い気持ちでアメリカに行く気になれるのはよくわかるよ。
 現実を踏まえた上での夢なんだな。

 でもな。俺の中の現実は違うんだよ。
 俺には、お前が言うほど、俺に力があるとはどうしても思えない。
 それはアメリカに行ってからの俺次第でどうにかなるって、
 お前は言うだろうな。
 俺、お前たちの仕事は天分だと思うよ。
 お前にはそれがあって、俺にはない。
 これは努力とかでなんとかなるもんじゃないって気がする。
 どっかで聞いた台詞だなんて言うなよ?
 本当にそう思うんだ。

 それに、俺はビビッてる。
 お前の誘いほど、俺の今の仕事に魅力があるわけじゃないけど、
 でもそれを捨てて知らない世界に飛び込めるほどの勇気は、俺にはないんだよ。
 お前は昔のまんま、相変わらずすごいヤツだけど、俺だけ年とったんかな(笑)」


342 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:10:34
プッと、加えていた爪楊枝を俺に飛ばしてきた。
ようやく大の視線がズレた。自分の茶碗を見つめていた。

「なんだよ、考えさせてくれ、の一言くらい言ってくれよなぁ(笑)

 …わかった。
 ただな、ひとつだけ言うぞ。
 俺がお前を誘ったのは、勘違いでも郷愁にかられたからでもない。
 俺の頭がお前だって言ったんだよ。

 …後で後悔すんなよぉ。俺の直感て、案外当たるんだぜ(笑)」

大は笑顔だった。

「よし!大塚!ビール飲むか!持ってくる」
「うん。俺の冷蔵庫から、俺のビールを持ってきてくれ(笑)」

「だけどなぁ…」大が両手にビールを持って戻ってきた。

「彼女もいないし、仕事もつまらんって言うから、
 日本に未練ナシってことでOKしてくれるかと思ったんだよなぁ。
 甘かったか。未練とかそういう問題じゃないんだな」

未練。

さっきの大の視線よりも鋭く、それは俺に突き刺さった。


343 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:11:21
最後の夜ということで、その後は家でダラダラと飲んだ。

ふたりとも酔い潰れることもなく、1時過ぎには床に就いた。

すぐに大は寝息をたてた。

それを聞きながら、俺は寝付かれなかった。

1時間ほど経った頃、俺は大を揺り起こした。

「…んー?なんだぁ?」

「大、聞いてくれ。俺、未練ある。好きな女がいるんだ」


344 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:12:17
再び電気を点け、大は冷蔵庫からミネラルウォーターを持ってきた。
それを脇に抱き、俺の目の前にドカッと座り込んだ。

「どれ、聞かせろや」

一時間、話した。

恵子ちゃんのこと。
家族のこと。
恵子ちゃんとのこれまでのこと。

全て話し終えた時、大が一時間ぶりに口を開いた。


345 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:13:16
「大塚ぁ…さっきの話より、今の話のほうがよっぽど納得いくぞ。
 好きな女がいるってのは、それだけでなんだか、何よりも大事だしな」

大がタバコに火を点けた。

「しかし。お前…変わってねぇなぁ」

「スーツ姿も似合うようになって、
 すっかりオッサンになっちまったと思ってたけど、
 中身、高校の時と大差ねぇじゃん」

「今の話、お前、誰にも言ってねぇのか?」

黙って頷いた。

「…まぁ、恋の相談っつっても、
 今の話じゃあ、おいそれと誰にでも話せる内容じゃないわな。
 でも俺は明日、ここからいなくなる。
 話す相手としてはうってつけだったってワケか(笑)」

長くゆっくりと、大が煙を吐き出した。

「どうにもなんねぇな」

厳しい口調ではなかった。

「どうにかするんなら、何かぶっこわさないと、な。
 でもお前、それ、出来ないだろ?」

何も言えない。

「おい!ならよ。
 俺とアメリカ行ったほうが、キッパリスッキリするんじゃねぇか?ん?」

やっぱり何も言えず、大を見た。

「うわぁ…お前のそんな顔、初めて見た…。
 やめろよお前、そんな切ねぇツラ。
 なんか、母性本能くすぐられたぞ(笑)」

俺は俯いてしまった。

「ま、好きなだけ悩め。お前の気持ちだ。誰のモンでもねぇ」

もうお互い話すこともなくなり、今度はホントに寝た。


346 名前:1 ◆6uSZBGBxi. [sage] 投稿日:2005/11/25(金) 12:14:07
翌日は休みだったので、大を空港まで見送ることにした。

便は午後で余裕があったから、
ゆっくりと大の作った朝飯を噛み締めることができた。

空港までの電車の中、話すことなく、ふたりとも爆睡した。

空港のロビーに着くと大が言った。

「もうここでいいや」
「まだ離陸まで時間あるだろ?付き合うよ」
「いいよ。俺、なんか言ってしまいそうだもん(笑)」


「あのよ」
「うん?」
「アメリカ生活が始まったら、住所連絡するわ」
「うん」
「ケリついたら、教えろ」
「うん」


「もうこれで、日本に帰ってくることはないと思う」
「そか」
「…あ、いや、帰ってくるな、俺」
「?」
「メジャーになったら凱旋帰国だ(笑)」
「じゃあ、一生帰ってこないってことじゃん(笑)」

笑いながら、大が俺の肩を小突いた。

「バイバイ」

大きく両手を振って、大が俺に「帰れ」と急かした。

デカい男が、一際大きく見えた。



※その後1さんは5ヶ月もの間、スレから姿を消すこととなるが…

【長編】早く結婚してくれ(14)へ続く。
posted by なな at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛サロン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17471200
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。