AX

2007年03月11日

【調査】“恋人から貰った正直嬉しくないプレゼント”ランキング1位は「手編み物」…嬉しくもあり重たくもあり?

1 名前:どろろ丸φ ★[sage] 投稿日:2007/03/10(土) 17:10:09 ID:???0
◆プレゼントに込められた“愛の重さ”が負担に?
誕生日やクリスマスなどの記念日はもちろんですが、何気ない機会にプレゼントを贈られ
るのはうれしいものですね。それが好きな人からのプレゼントであれば、喜びもひとしお
です。でも、自分の好みとあまりにもかけ離れたものや、大げさすぎるプレゼントは、なか
なか受け取りづらいものです。


「恋人から貰った正直嬉しくないプレゼントランキング」の1位は、男女ともに《手編みの
セーター(手袋・マフラー・帽子など)》。
一編み一編み愛情を込めて作られているのが分かるだけに、それがうれしくもあり重たく
もあり…。そんなアンビバレンツな気持ちが、今回の結果に表れていると言えそうです。

僅差で2位につけたのは《歌・詩》。弾き語りが全盛だった一昔前には、恋人に歌を捧げる
というのは決して珍しくない光景でしたが、さすがに今となってはちょっぴり恥ずかしい気
がしますよね。

《恋人とおそろいのグッズ》は、女性のランキングでは6位ですが、男性のランキングでは
「正直嬉しくない」ランク3位。自分が嬉しいからといって相手が喜んでいるわけではなさ
そうです。《下着》や《香水》など、自分の好みが大きくかかわってくるものも要注意。
プレゼントがタンスの肥やしになった、などということもあるのではないでしょうか。ただし、
お互いの好みを知り尽くした間柄であれば、こうしたプレゼントはこの上なくうれしいもの。
一緒に品定めしてプレゼントという手もありますね。

今回上位に入ったほかのプレゼントも、相手との関係の深さや、付き合い始めてからの
期間によっては“うれしい”プレゼントになるのではないでしょうか?
(総合)http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/delicacy_present/&f=news&LID=news
(男性)http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/delicacy_present_man/
(女性)http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/delicacy_present_woman/

gooランキング:http://news.goo.ne.jp/article/gooranking/business/it/20070310-grnk.html



続きを読む
posted by なな at 20:52 | Comment(0) | ニュース速報+

2007年03月12日

【文化】 「人は見た目が9割」、100万部突破…「バカの壁」「国家の品格」に続き

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日:2007/03/12(月) 17:21:26 ID:???0
★「人は見た目が9割」100万部突破

・劇作家・演出家の竹内一郎さんの新潮新書「人は見た目が9割」の発行部数が
 100万部に達したと12日、出版元の新潮社が発表した。

 同書は2005年10月に出版。同社によると、新潮新書で100万部を超えたのは、
 「バカの壁」「国家の品格」に続き3冊目という。

 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070312-168744.html


続きを読む
posted by なな at 22:19 | Comment(0) | ニュース速報+

2007年03月16日

【社会】 今でも女性がハマるゲーム「どうぶつの森」…そこには心の中で無意識に求めている空間が

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日:2007/03/16(金) 11:17:58 ID:???0
・『どうぶつの森』とはニンテンドーDSで発売されたゲームソフト。
2007年2月時点で400万本以上売り上げている超大ヒット商品である。
このゲーム、やたら女性人気が高いのも特徴で、発売から1年以上
経過しているにもかかわらず、今でも「どうぶつの森を毎日欠かさず
やるのがライフワーク」という独女が多数存在しているらしい。

 ゲーム内容を簡単に説明すると、舞台はタイトル通り動物たちが住む森の中。
そこでユーザーは自分の家を建てて好きなように部屋を飾ったり、
動物の住民たちと交流したり果物の木を植えたりと、好きなように
ライフスタイルを楽しむことができるようになっている。

 そしてもう1つ大きな特徴は「通信機能」。
別のニンテンドーDSで同じゲームをやっている人と通信することにより、
お互いの村を行き来してアイテム交換することが可能になっている。

 ではなぜ独女は『どうぶつの森』にハマってしまうのか?
 
 ノリコさん(仮名、27歳)は、このゲームの魅力についてこう語る。
 「とにかく自分の世界をコツコツつくっていくのが楽しくてしょうがない。
今では道を歩いていてみかんの木があるだけで、どうぶつの森を
思い出してウズウズします」

 一方、前述のユリさんの分析はこうだ。

 「このゲームの楽しさはなんといっても“もの集め”ですね」

 ちなみにこの2人に共通するのは「普段それほどゲーマーといわけじゃない」こと。
 ゲームそのものが好きではなく、どうぶつの森だから好きなのだという。

 独女の性質を考慮すると、やはりこのゲームの魅力の肝となっているのは
「通信機能」ではないかと思う。

ゲームという完全なバーチャルの世界における“通信”というリアル性。
 現実世界とは違うところでコミュニティを形成することができる
という意味では、彼女達が大好きなmixiともかなり共通している。

 自分のお気に入りのアイテム、そしてお気に入りの友達に囲まれる場所・・・
独女が心の 中で無意識に求めているのは、そんな空間なのかもしれない。(抜粋)

 http://news.livedoor.com/article/detail/3070378/


続きを読む
posted by なな at 23:59 | Comment(4) | ニュース速報+

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。